カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ベルギーの醸造所
日本の約12分の1の面積のベルギー国内には100以上の醸造所が存在しており、醸造されるビールは1000種類を超える。醸造所の規模は大小様々ではあるが、伝統的な製法で作ることを頑なに守り続けている人達がいる。 そんな彼らのビールは、同じカテゴリーに分類されるビールであっても、どの醸造所もみな味わいが異なる。それは、自分達が作るビールの製法にこだわりを持ち、その事に誇りを持っているからに他ならない。 ベルギービールを飲んだことがない方は今まで飲んできたビールとの違いに驚き、その豊かな香りと多様な味わい、奥深さに引き込まれるでしょう。












おすすめ商品
RECOMMEND ITEM

ベルギービールの種類
1000種類以上の銘柄が存在するベルギービールには、スパイスやフルーツを使ったもの、自然酵母が作り出すランビックや修道院で作られるトラピストビールなど、多様なビールがある。ビール評論家、マイケル・ジャクソン氏が自書“The Great Beers of Belgium”で分類した、ホワイト、ブロンド、ゴールデンなど色や味、製法などで分類された名称が一般的に使われている。
グラスで選ぶベルギービール
ビールはグラスの形によって味わいも変わってしまうため、そのビールに合った最適な形があり、ビールの銘柄毎に専用グラスがあるのがベルギービール。グラスを見る事でそのビールがどのようなタイプなのかもおのずと分かるというもの。ここでは、グラス毎に分けてありますので、お好みのタイプを探す事ができます。